船上劇場「STU48号」2019年春に完成!瀬戸内のアイドルグループSTU48が今後劇場公演を行う船舶「STU48号」が2019年春に完成することが発表されました。

「STU48号」は、現在尾道市因島で船上劇場船へと生まれ変わるための改造工事を行っており、内装工事、各種検査、承認を経て2019年春の完成を目指しています。

せとうちDMOは、STU48の活動による瀬戸内エリアの認知拡大と地域活性化や事業連携の可能性に期待し、瀬戸内エリアでのSTU48の活動に関する各種業務のサポートを行っています。このたびの「船上劇場船」決定までの過程においては、せとうちDMOのネットワークを活用し、船舶情報の収集や船の選定、関係者との調整などをSTUと共に行い、今回の船舶である「STU48号」決定へとつながりました。今後は運航に際して、母港や寄港地に関わる各自治体との調整をサポートしていく予定です。

「STU48号」が地域やファンの皆さまのご期待に応える瀬戸内エリアの新たなコンテンツとなるよう、就航に向け、引き続き協力してまいります。