せとうちDMOは、英国にマーケティングエージェンシーを設置し、メディアや旅行会社とのネットワークを構築しています。このネットワークを活用し、英国人旅行者の誘致に向けた広島県と宮城県の事業連携をサポートすることになりました。

このたびの事業連携は、宮城県が英国人旅行者の誘致を推進する中で、広島県からの送客を狙った連携強化に着目したことがきっかけとなりました。広島県は、せとうちDMOと連携し、ここ数年欧米からの旅行者数を伸ばしています。せとうちDMOは、2017年より英国の旅行市場の開拓を開始し、現地メディアや旅行会社にネットワークを有しており、こうした取り組みを評価いただいた両県から要望を受け、事業連携のサポートを行うこととしました。
瀬戸内と宮城県は、広島空港=仙台空港の定期直行便路線が運航しており、約1時間20分のフライトで移動することができます。国内の直行便路線を活用することで、滞在日数が長い欧米豪の旅行者には、広島、宮城を経由地にした、瀬戸内と東北の両エリアを訪れる“日本の新たな旅”を提案していきます。

3月4日からは、瀬戸内と東北の両エリアを組み込んだ新しい旅行プランの商品造成に向け、 Visit Hiroshima、Visit Miyagi、そしてせとうちDMOのイギリスプロモーションを担当する弊社経由で、視察ツアーが実現しました。
せとうちに限らず、東北など広域に渡って日本が連携できる新たな形の日本のプロモーション方法を、Chapter Whiteでも引き続きサポートしていきます。