Chapter Whiteは、せとうちDMOの重点対象市場の1つである英国からの誘客を促進するため、JNTOロンドン事務所と連携し英国のオンライン大手新聞社「The Independent社」(2,400万UV/月)ほか、主に富裕層を読者に持つメディア4社の記者を招聘し、視察ツアーを企画実施いたしました。

今回の視察ツアーは、今年開催されるアートの祭典とラグビーW杯を視野に、「アート」をテーマに瀬戸内エリアをフォーカスした内容で実施することができました。瀬戸内での滞在は、2019年2月18日~22日の5日間。瀬戸内ならではのアートスポットを多く視察していただきました。兵庫県立美術館では、同館を設計した安藤忠雄氏に直接お話を聞かせていただく機会も設けることができ、参加者の満足度も高く、今後のメディア露出に期待できる内容となりました。今後も引き続きイギリス市場に対して効果的なプロモーション活動を行なってまいります。

視察スポット

倉敷美観地区(大橋家、御坂の家・滔々・旅館くらしき視察)、MeiPAM妖怪美術館、なかぶ庵(そうめん打ち体験)、ヤマロク醤油(醤油蔵見学)、エンジェルロード、常光寺(護摩行体験)、直島(地中美術館、ベネッセハウスミュージアム)、直島家プロジェクト、チャーターヨットクルーズ、男木島、鞆の浦(福禅寺対潮楼、常夜燈、岡本亀太郎本店)、ART BASE MOMOSHIMA(百島)、兵庫県立美術館、横尾忠則現代美術館